昭和のたれ 440g

昭和のたれ 440g

販売価格: 550円(税別)

在庫あり
数量:
和牛を知り尽した職人技がここに行き着いた。弟子入り二十余年肉匠職人の弟子がつくった柳川おにくやさんのやきにくのたれ

その昔、昭和の時代『やきにく』と言えば、ホットプレートを使うよりも、フライパンでさっと炒めて作る「炒め焼肉」が、主流だったのではないでしょうか?
そんな時代を思い出し、また ホルモン定食屋さんのおばちゃんの味を再現してみよう。そんな発想から この商品は、出来上がりました。

普通の焼肉のタレは乾燥野菜を使用していますが、『昭和のたれ』は地元の八百屋から野菜を仕入れ、生野菜のままふんだんに使っています。
大量生産することなく、作る度に一つ一つ手作業ですりおろした、たっぷりの生野菜果実(玉ねぎ、にんにく、バナナ、にんじん、りんご、しょうが等)と味噌を使い、合成保存料を全く使用せずに仕上げました。

お子様にもおいしく頂ける様甘口になっています。焼肉はもちろん、唐揚げの下味、野菜炒め、焼き飯等においしくお使い下さい。
辛口をお好みの場合、唐辛子等をお使い下さい。

他の写真

  • 本製品は、製造段階から一貫して手作り製造にこだわっています。

    大量生産しないため原料野菜は、生野菜を必要な量の皮をむき使用することで、よりフレッシュな風味をそのままブレンドできるのです。

    作業には時間がかかりますが、乾燥品、冷凍品、輸入品は使いませんし、殺菌・防腐処理は、長年培ってきた独自の『火入れ工程』により万全な品質管理のもと製造しています。
  • ■調理例■

    『豚肉や牛肉の焼肉』
    つけだれ&つけ込みだれとしてお使いください。

    『肉野菜炒め』
    肉と野菜を適当に切り、フライパンで炒め、最後に焼肉のたれを加えてサッと炒めて下さい。お弁当にもどうぞ。

    『ホルモン焼』
    あらかじめホルモンにたれをもみ込み、しっかり下味を付けてから焼きます。

    『焼飯』
    油を熱して卵を炒め、ご飯を入れてよくほぐすように炒めます。

    焼豚、ネギなどお好みの材料を加えてさらに炒め、軽く塩、こしょうをし最後に焼肉のたれを 鍋肌から入れて混ぜ合わせます。
昭和のたれ 440g

販売価格: 550円(税別)

在庫あり
数量:

Facebookコメント